韓国時代劇と現代融合ドラマ

未分類

私が見てよかった韓国ドラマ「皇后の品格」です。内容はサニーが1人ミュージカル女優として手をあげて鳥肌が立つように一瞬で芽生えるとセリフを練習してるのです。サニーは監督遅かったですねと話しかけるのです。私は早朝から練習してますと言うのです。監督はサニーにだから何だと言ってサニー本人があの監督と声をかけるのです。笑顔で前借りできませんかと頼むのです。事情があると話すのです。監督がサニーにチケットは売ったかと確認するのです。冷たく君はもういいと言って主役が替わったんだと言い出すのです。ヒョンジュンをサニーに紹介したのです。サニーが監督に主役を替えたそんなバカなと言って納得しないのです。彼女は歌も演技もできないと文句を言ったのです。サニーは監督に彼女が金持ちだからと質問するのです。そして監督に冗談ですよねと言ってひざをついてお願いするのです。セットの準備もすると言い出すのです。監督はサニーに対して冷酷に悔しいなら親に投資をしてもらうんだなと言って意見を述べるのです。降りたくなきゃカラス役でもするかと脅すのです。サニーは監督に言葉に不満を言うのです。私がセリフもない役をやるのは納得しないと泣きながら訴えるのです。監督はサニーに怒ってじゃあ辞めろと言いたい放題なのです。監督はヒョンジュにはリハの準備をしてと態度をわざとサニーの前でかえるのです。サニーは監督に泣きながらちょっとよく辞めろと言えるわねと腹を立てるのです。監督はオ・サニーと言ってサニー本人が監督に辞めてやるわと本音が出たのです。私ならどこでも使ってくれると自信を持って話すのです。願い下げよと言って意見を述べるのです。太后が陛下を助けた女性にお金が欲しいと言ったらサニーは太后に後遺症が出たようですと訴えるのです。カン氏はチェ室長に部外者を入れないでと怒鳴るのです。チェ室長が太后にすみませんと謝るとサニーが太后に怒らないでくださいと言って前に慰労金を下さると聞いたのです。カン氏がいつ慈善団体になったのと叱るのです。当然のように無心するとは帰しなさいと彼女に言うのです。サニーは太后にそうじゃなくてと言ったのです。チェ室長が触ってはいけませんと彼女の手を握るのです。サニーは彼女にすみませんと言うのです。サニーが1人になって慰労金をくれると言っただけなのにひどい扱いねと泣きそうになるのです。車でユラは陛下がワンシクの母をひいたのを目撃したのです。ユラは頭に血を流して木の所に隠れてワンシクは母さんがいなくて夜中に捜しまわるのです。ヒョクは物音がしてピストルを車から取り出したら誰かが母さんを探してると気づいてヒョクは遺体を車に詰め込んでユラは陛下の隙を見計らい逃げるのです。ワンシクは母さんを探してる時に車に気づいたのです。懐中電灯の明かりで母さんはここまで来ないかと言ったら車のエンブレムのようだなと言って血が出てるを気づいたのです。何だと言って血かと気づいたのです。