過去の嫌な思い出が蘇る

未分類

過去の嫌な思い出が蘇ってきてしまいムカついてしまいます。
なぜ今ごろになって30年以上の前を思い出してしまうのか?自分でも不思議な現象です。
若いというだけで自分のせいにされてしまう悲しさがありました。
自分のミスではないのに、自分のせいにされてしまう辛い日々が続きました。
これが世の中の仕組みなんだと教えられたこともあります。
恵まれない先輩たちばかりだったので、どこにも当たる事ができません。
頼りない先輩、車の免許がない人、頑固な人、どけちな人、真面目な人、いろいろ居ましたがつまらない毎日でした。
自分が周りとは年が離れていることもあり、共通していることはありませんでした。
一番年下の自分に振りかぶってくることは、どの世界でも同じだと思います。
今になってやり返したい気持ちがでてきてしまいますが、当時の人はもうこの世にいないかもしれません。
生きていれば70代、80代、90代になっていますが、二度と会いたくないメンバーです。
風貌が変わりすぎていて気付かないかもしれませんが、会ったとしても赤の他人のふりをすると思います。
頑固でわがままで自分勝手で、とても大人げない人達でした。
このメンバーと一緒に仕事をしていても面白いはずがありません。
仕事は苦しんでするものだと思っているからです。
仕事は楽にことを運ぶのが良いので、時間をかけてするものではありません。
会社が倒産して、みんなバラバラになりましたが、会いたいなど思いませんでした。
二度とこんな人達とは仕事なんてしたくない気持ちが強かったです。
貶して伸ばすことなんて、100%不可能に近いことです。
環境の良いところで伸ばすことが、本人のためや会社のためにもなります。
貶す人は、コミュニケーション不足からくるもので、他の話ネタがないことを意味しています。
悪口をいうことでストレス発散になり、相手を傷つけていることに気づきません。
天罰が下ることを期待して、自分なりに生きています。